タオルに関する歴史と生産地

タオルは昔から存在しているといわれていますが、正確にはタオルと同じ機能を持っている物が存在していたとされています。 タオルの基本的な機能は、かいた汗を拭ったり、お風呂上がりの体を拭いたりと、水分を拭きとる事がメインとなっています。 そんなタオルの機能を持っていた昔のタオルとして、手拭いがあり、手拭いは毛糸などではなく、布で出来ているタオルになります。

今ではほとんど使用する事がなくなった手拭いですが、昔では当たり前のように沢山の方が使用していた物となっています。 ではどうして手拭いからタオルに変化したのかという事になるのですが、これは世界のタオルの歴史と生産地が大きく関わってきます。 1811年にフランスで初めてタオルに関する知識と原理を開発したのですが、その後1864年にアメリカでタオルの生産が始まっています。

そして1872年になって、初めて日本でもタオルの生産が始まる形になっており、日本にタオルの技術が伝わるまで長い時間がかかっています。 そのため1872年までは日本では手拭いという布のタオルを使用して、汗や体についた水分を拭き取っていたという事になります。 タオルの生産地の最初はフランスなのですが、輸入などを通じて日本でも遅くなりましたが開始しています。

そして現代で私達は日常生活で当たり前のようにタオルを使用している生活を送っています。 タオルの生産地と歴史を詳しく理解して、タオルを楽しく使用する事をお勧めします。

Copyright © 2015タオルには色々な知識が集まっているAll rights reserved.